素敵な出逢いを貴方へ … カトレヤ

ブログ

婚活パーティーのフリータイムが勝負どころ!苦手な人向けのオススメテクニック

2020年9月9日

 

婚活パーティーは、フリータイムが成功の鍵を握っているといってもよいでしょう。気になる相手に自由にアプローチできますので、この時間を上手に使い成功率をアップさせることが大切です。

しかし婚活中のほとんどの人が、フリータイムを苦手としているといわれています。中には誰とも話せず、一人ぼっちになった経験があるという人も。

そこで今回は、婚活パーティーのフリータイムで勝負する攻略方法について、詳しくご解説していきましょう。

 

婚活パーティーのフリータイムについて

婚活パーティーのフリータイムが勝負どころ!苦手な人向けのオススメテクニック結婚を意識した人同士の出会いを求めるなら、婚活パーティーやイベントはとてもよいチャンスになります。色々な内容になっているものの、ほとんどの場合で用意されているのがフリータイム。まずは婚活パーティーの流れやフリータイムについて、詳しくご説明していきますね。

 

婚活パーティーは種類が豊富

同じ趣味を持つ人同士が集まる婚活パーティーをはじめ、最近は出会いの確率を高めるために、あらゆるジャンルの婚活パーティーが開催されています。

一般的な婚活パーティーは、まず自己紹介タイムがあり、途中で中間印象をカードに記入。そしてフリータイムとなり、最終的にカップリングという流れになっています。

パーティーの途中で3~5回ほど入れ替えや席替えがありますので、一人あたり話ができるのは3~5分程度。司会役のスタッフの指示により、パーティーが進行されていきます。

内容は主催する会社によって異なりますので、完全にフリータイムのイベントもありますし、着席型でフリータイムがないパターンも。

しかし婚活中はどこでフリータイムに出くわすかわからないため、ある程度の心の準備は必要といえるでしょう。

 

フリータイムとは何か?

フリータイムは進行役から開始を告げられ、自由に声をかけて話をする時間です。男性から女性に声をかけることがほとんどですが、中には積極的に男性に声をかける女性もいます。

それぞれが話し相手を見つけると着席したり、二人だけのムードになったりするため、誰からも声がかからない人は一人になるリスクがあるのです。

フリータイムはカップル成立の瞬間にもなるため、いつ声がかかるかずっと待っている人や、どの人に声をかければよいのか困っている男性など、とても緊迫するシーン。

婚活初心者にとっては高いハードルになることも多く、フリータイムを上手く使えず失敗する人も少なくありません。

 

フリータイムの攻略ポイント

婚活パーティーのフリータイムが勝負どころ!苦手な人向けのオススメテクニック婚活パーティーのフリータイムが苦手な人は、イベントに参加したくてもフリータイムがあるために憂鬱になってしまうでしょう。

しかし事前に抑えるべきポイントを理解して参加すれば、苦手なフリータイムは自分らしく過ごせるようになります。

 

相手を絞っておく

婚活パーティーのフリータイムは、多くの人に声をかけて仲良くなるのも方法のひとつですが、一度に2~3人の人に話しかけている人はとても場慣れしたイメージがあり、好感度が下がってしまうリスクがあります。

フリータイムは、できるだけ話したい相手を一人に絞っておくことがコツ。パーティーが開始されたら、気になる人を何人かチョイスして、フリータイムの前には一人に絞っておきましょう。

時間をかけて会話をするとお互いによい印象が残り、カップルになる可能性も高くなります。どの人も素敵に見える場合でも、じっくりと話せる人だけを選んでおきたいですね。

 

ライバルに注意

婚活パーティーのフリータイムは、素早く意中の人のところに行き、話しかけるのがコツです。もし人気のある人なら、同時に複数の人からアプローチされると考えられます。

そんな場面を想定して、パーティーが開始される前の待ち時間に、ライバル調査しておくことが必要に。気になる人がどのようなタイプを狙っているか、また自分と同じようなルックスやセンスの人をターゲットに行動を観察するなど。

もし勝ち目がないと思うシチュエーションなら、別の相手を選んでおくのも対策のひとつです。

 

質問しよう

婚活パーティーのフリータイムでどのような話をすればよいのか、アイデアが浮かばず時間を無駄に過ごしてしまうケースもあります。

初対面の人でしかも将来を意識する場面、どのような話題でもよいわけではありませんよね。人柄を知ってもらうためにも、フリータイムを過ごす時は相手に質問をしましょう。

ただし調査するように、根掘り葉掘り質問攻めにするのは、相手を不快にさせる可能性があるので注意してください。

コツはインタビューするように、気持ちよく話せる質問をすること。たとえば「休日はどんなことをして過ごすのがお好きなんですか?」「仕事は残業が多いですか?」など。

あまりプライベートな話題にならないよう、答えやすい質問から話題を広げてください。フリータイムの会話は、相手の情報を収集することもありますが、それ以上に居心地がよい人、信頼できる人などポジティブな印象を持ってもらうのが大切。

盛り上がらなくても、まったりと話ができるだけで満足する人もいるので、まずは話せるよい空間を意識してください。

 

本命であることをアピール

フリータイムは意中の人に出会う時間にもなりますので、何人かと会話をするとどの人がよいのかわからなくなることもあるでしょう。

成功率を高めるには、相手に本命であることを上手く伝えるのが大切です。「今日お会いできてとても光栄です」「フリータイムだけでは足りませんね」など、興味を持っているとそれとなく告げてください。

イベントによっては、連絡先の交換がその場でできないこともありますが、もし大丈夫なら本命相手にその場で連絡先を書いて渡してもよいでしょう。

すでに名刺の裏に書いてある連絡先だと、色々な人に配っていると思われてしまうので、相手の前で書いて渡したほうが好感を持たれます。

 

フリータイムで孤独にならないコツ

婚活パーティーのフリータイムが勝負どころ!苦手な人向けのオススメテクニックフリータイムで孤独になりやすい人には、いくつか共通点があります。失敗しないためにも、苦手を克服する心構えを持って参加してくださいね。

 

プロフィールをきちんと記載する

簡単にできる対策としてはプロフィールの内容にこだわり、相手に自分を知ってもらうよう具体的に記載することです。「この人と話してみたい」と思われるような趣味など、また共通点のある人を見つけるためにも、自分の情報はわかりやすく書いておくのがコツ。

よく質問される好きな食べ物、休日の過ごし方など項目は全て記載しておきましょう。

 

受け身で待たない

フリータイムで一人ぼっちになりやすい人は、共通して受身形になっています。話しかけてくれる人がいないから…というのではなく、積極的に自分からアクションを起こすことは必要です。

もし不安な場合は、自己紹介の時間に気になる相手に、フリータイムでもう一度話がしたいと伝えておくと失敗が回避できるでしょう。

 

フリータイムのない婚活パーティーを選ぶ

苦手なことを無理にやる自分の姿は、あまり素敵に見えないかもしれません。フリータイムは積極的で話し上手な人のほうが、どうしても有利になってしまいます。

そんな場合は、完全個室型の婚活イベントや、フリータイムなしのパーティーに参加するのもオススメです。またスタッフにサポートしてもらい、フリータイムに話し相手にアプローチしてもらうことも可能です。

 

まとめ

婚活パーティーのフリータイムがやってくると、急にモチベーションが下がってしまうかもしれません。しかし自分の魅力をアピールする最大のチャンスなので、大人しく待ち続け後悔するよりは、積極性を意識するのも必要ですね。

page top