素敵な出逢いを貴方へ … カトレヤ

ブログ

婚活うまくいかない人がこだわってしまうこととは?

2020年2月23日

 

婚活うまくいかないのは、何かこだわりすぎる部分があるためではないですか。素敵な印象を与える人なのに何年も婚活を続け、よい出会いがない人がいますよね。

なんで結婚できないのだろう?と、周囲が不思議に思うタイプの人。それは外見や条件だけでなく、自分で無意識にこだわる部分があるためかもしれません。

結婚相手との出会いは、タイミングが必要だとよくいわれます。しかし欲しいものを求める前向きな姿勢や態度がないと、チャンスは到来しません。

婚活うまくいかない人に不足するものは何か、詳しくご解説していきましょう。

 

婚活うまくいかない6つの理由について

婚活うまくいかない人がこだわってしまうこととは?長引く婚活。このまま続けても出会いはないかもしれないと、周囲が不安になる人がいます。すぐにうまくいく人と、だらだらと婚活を続けてしまう人の違いは何か、6つの理由についてご説明しましょう。

 

気に入らない人はすぐ対象外

婚活うまくいかない人は、相手の嫌な部分が少しでも見えると、すぐに対象外にしてしまいます。大切なのは相手の性格や考え方などで、見た目や仕草などは人間性を示すものではありません。

しかしこだわりがあると小さな欠点でも見逃せず、すぐに相手を嫌いになってしまうのです。たとえば笑い方が気に入らないなど、厳しい判断基準が結婚のチャンスを逃してしまう要因です。

 

理想が高すぎる

結婚を現実的に考えない人は、理想的な相手をいつまでも求め続ける傾向があります。周囲が羨むような幸せな家庭で、豊かに暮らすイメージ。

理想を基盤にして婚活するために、ピッタリと合う人がなかなか登場しません。婚活うまくいかない人は出会いの方法を変えて、あらゆる角度からチャレンジしているはずです。

しかしお見合いからネット婚活に変えたところで、根本的な理想が変わらないとうまくいかない可能性があります。

 

結婚の意味を考えていない

なぜ結婚するのか、意味をよく考えて計画しないと、婚活うまくいかない可能性があります。「周りが結婚して、自分だけ取り残されたから」というのは婚活のきっかけになるかもしれませんが、結婚する目的ではありません。

とくに恋愛経験が少ない人は、愛する人と一生を共にしたい気持ちがわからず、ある一定の年齢になったらやるべきことだと思っているのです。

絶対に結婚はしなければならないことではなりませんが、世間体や見栄で婚活はできないのでご注意くださいね。

 

相手に気遣いできない

結婚はお互いに譲り合いの気持ちがないと、幸福な家庭は築けません。婚活うまくいかない人は相手に気遣いができず、いつも自分の意思を相手に押しつける傾向があります。

相手のために自分がどこまで変わるか、そんな視点で婚活をするのも大切なのです。ありのままの自分を好きになってくれる人は、一番の理想ですよね。

しかし夫婦は基本的に他人同士。思いやりや気遣いがないと、気持ちにギャップが生まれてしまいます。初対面の人にマナーよく接するなど、大人としての常識も忘れないようにしましょう。

 

プライドが高すぎる

人一倍プライドが高い人は、婚活うまくいかない場合がよくあります。自分がハイスペックなのでそれに釣り合う人、もしくはそれ以上でないと結婚したくないタイプ。

学生時代に異性からちやほやされた人は、とくに婚活で失敗することがあるかもしれません。プライドがあると婚活イベントで素敵な人がいても、自分から近づくことはしません。

相手のほうから好きになってほしいため、せっかくのチャンスを逃すこともあるでしょう。

 

自立できない

結婚したらパートナーに世話になるつもりでは、婚活はうまくいかないでしょう。最近は夫婦共働きが当たり前の時代。とくに女性は経済面で、男性を頼りにしなければならない部分もありますが、完全に任せきりでは負担になってしまいます。

たとえば実家でずっと生活していた人は、家事がきちんとできない場合もあります。結婚してもその延長になるようでは、相手が大変ですよね。

これまでとは違う世界に飛び込む勇気が出ない人は、いつまでも自立できずパートナーとしての魅力が感じられません。

 

婚活で失敗しやすいこだわりとは?

婚活うまくいかない人がこだわってしまうこととは?婚活を始めてもよい出会いがないのは、相手に問題があるのでなく自分でも改善すべき点があると思い出してみましょう。婚活うまくいかない人がこだわりやすいポイントをご説明しますので、自分に当てはめて参考にしてください。

 

センス

オシャレはその人の好みやスキルが活かされるもので、全ての人が洋服やアクセサリーに興味を持つとは限りません。男性ならいつもスーツで過ごすので、休日の服装とあまりにもギャップがあり急に冷めてしまう場合もあります。

服や髪型で、その人の中身までわかるわけではありませんよね。婚活うまくいかない人は外見へのこだわりが強すぎて、本当の魅力を発見できないのです。

 

収入

生涯安定した暮らしを送りたいのは、誰もが憧れるところです。婚活は相手の収入がとても気になる条件ですが、今高収入でも一生それが続く約束はありません。

このため収入が高ければ、確実によい人だとは判断できないのです。それよりも経済的に困った時に、お互いがサポートできるかどうか。そんな場面を考えて、同じ目的に向かって進める人がよいですね。

 

職業

憧れの職業に就いている人は、婚活でも人気が集中します。よく婚活イベントで医師限定、自営業限定など職業を限った場合がありますが、あまりこだわってしまうと結婚してから大変な場合も。

結婚相手の職業は周囲にも自慢できる内容なので、できれば友人が羨む職業のほうがよいですよね。しかし性格や価値観など、本当に大切な部分が見えなくなる要因なので、まずは人柄を判断した後に細かい条件で考えるのが重要です。

 

家族構成

婚活うまくいかない人がこだわるのが、相手の家族構成です。とくに女性は嫁姑問題を避けるために、結婚後両親と同居するかしないかは、大きな判断基準になります。

長男よりも次男がよい、という人は多いでしょう。最近はあらゆるライフスタイルがありますので、両親の面倒を見るのは必ず長男や長女に限られているわけではありません。

将来のことを考える場合、お互いの家族を自分の家族のように温かく迎え入れられるかが、大切なこだわりなのです。

 

妥協しないで婚活を成功させるコツ

婚活うまくいかない人がこだわってしまうこととは?結婚相手に、多少のこだわりを持つのは大切。しかし度が過ぎてしまうと、婚活がいつまでも続く要因です。では不要なこだわりを捨てて、婚活を成功させるために大切なポイントをご説明しましょう。

 

絶対に譲れない部分にこだわる

たったひとつだけ、どうしても譲れない条件を考えてください。たとえば年齢など、このこだわりを捨てると一生後悔するというほど、自分にとって大切なことだけを考えてみましょう。妥協したくない内容は、絶対に譲らない態度も多少は必要ですね。

 

自分以上の条件を求めない

たとえば自分が高卒で、相手に高学歴を求める人。あまり異性にモテないタイプが、ルックスのよい人を探すなどは、あまり成功が期待できないやり方です。

婚活で成功しやすいのは自分と同等、もしくは似た条件の人を探すこと。妥協でなくプライドや依存心をなくすのが、婚活に大切な意味をもたらすはずです。

 

まとめ

婚活うまくいかない時は、結婚相談所でアドバイスしてもらうのも方法ですし、自分をよく知っている人に相談するのもよいでしょう。

結婚相手へのこだわりが本当に必要かどうか、客観的な視点から考え直すと、もっと広い範囲で対象になる人が増えるのです。

page top