素敵な出逢いを貴方へ … カトレヤ

ブログ

婚活はいつからするべき?タイミングがわからない人が知っておくべきポイント

2019年12月13日

 

婚活はいつからするべきか、タイミングについてよくわからない人も多いでしょう。いつかは結婚したいけれど、婚活をする必要があるのかどうか、20代で婚活は早すぎるのかなど。

結婚の重要性についてはわかっていても、婚活をいつからするべきなのか人生プランを立てるのは難しいですよね。結婚はタイミングが大切という人も多く、いつかは…と考えていると、あっという間に時間だけが過ぎてしまいます。

そこで将来結婚したい人に向けて婚活はいつからするべきか、タイミングについての大切なポイントをご解説していきましょう。

 

女性の婚活タイミングについて

婚活はいつからするべき?タイミングがわからない人が知っておくべきポイント女性にとって婚活は丁度よい時期に始めたいものかもしれませんが、近年女性の晩婚化が進み社会進出も目覚ましく、結婚だけが女性の幸せとはいえない時代です。

でも好きな人と家庭を築くのは、お互いにとって人生を充実させるために素敵なこと。現在の結婚願望の強さとは関係なく、将来結婚を意識する人は婚活について考える必要があります。

そこで女性の婚活はいつからするべきか、判断する際のポイントをご説明しましょう。

 

婚活の平均年齢について

女性の婚活年齢は平均すると、男性よりも若くなっています。20代後半、27歳~29歳くらいになると最初の結婚ラッシュが起こるでしょう。

その時期に友人が一斉に結婚してしまうと、自分だけが取り残されたような不安を感じ、結婚を意識する人がいます。その次は30代前半から半ばにかけて、結婚ラッシュが起こり始めるもの。

20代は独身で、若さをたっぷりと実感できる時です。30代に突入すると仕事や生活が安定し、ふと自分の将来を考える機会が増えてきます。

結婚は好きな人と一緒にいることだけでなく、30代の婚活女性にとっては出産や育児も理由になるでしょう。そして女性の婚活年齢で多いのは、40代前半。

育児するつもりはない、生涯独身でもよいと考えながらも老後の不安があり、一人で人生を過ごすのは寂しいと考え始めます。また40代の場合は、再婚に向けた婚活を始める人も多いでしょう。

女性の婚活はこのように20代後半、30代前半、そして40代前半に集中する傾向があります。それぞれの年齢層はライフステージの変化や、結婚に対する考え方の変化などもあり、婚活を本気で考え始める時期になります。

 

若いほうがモテる?

女性の婚活はいつからするべきか、タイミングで困った時の判断基準は「年齢」です。婚活市場では女性は若いほうがモテる傾向がありますので、結婚したい気持ちがあれば早めの婚活がオススメです。

見た目年齢が若くても、婚活では実年齢が大きな壁となりますので、相手に求める条件が多い人は特に早く婚活をスタートさせましょう。

また女性は世間でいわれる「美人」に限り、周辺の男性が近寄りがたく婚期が遅くなる傾向もあります。すぐに結婚相手は見つかるから…と油断した結果、婚活で苦労する人もいるのでご注意ください。

 

40代以降の婚活は遅い?

男性が若い女性に興味を持つのは、どうしても仕方がないことかもしれません。晩婚化が進む今の時代、女性が40代くらいになってから婚活をスタートさせるケースは増えています。

再婚者だけでなく初婚の女性も多く、婚活市場ではあらゆる年齢層が対象になっているといえるでしょう。この場合ですが、少しでも早いうちに婚活を始めるのが基本。

20代と40代では相手に求める内容が違うかもしれませんが、年齢が上がるほど婚活が厳しくなるのは現実問題。さらに婚活期間がどれほど長くなるかもわかりませんので、少なくとも3~4年前から婚活をスタートさせることをオススメします。

 

男性の婚活タイミングについて

婚活はいつからするべき?タイミングがわからない人が知っておくべきポイント男性の婚活はいつからするべきかタイミングを掴むのは、女性と同様に難しく考える人が多いはずです。男性にとって結婚は、女性以上に慎重になる人生の転機。考えるポイントがいくつかありますので、早速見ていきましょう。

 

男性が求めるパートナーの条件

男性は何歳になっても綺麗な女性やスタイルがよい人、若い人や出産可能な年齢などにこだわる傾向があります。たとえば結婚相手に求めるものが、20代から50代まで一貫している人もいるでしょう。

男性にとって好ましい結婚相手は、家庭的であることがまず大切な条件のひとつ。仕事でストレスを抱えて家に戻り、ホッとできる場所を作ってくれる人が理想的です。

年齢差夫婦のように多少のギャップがあっても受け入れる人は多く、逆に違いが夫婦の刺激となり上手くいく場合もあります。男性が求める結婚は愛情を重視する女性より、現実的な面が多いかもしれません。

 

男性の婚活年齢は30代前半がよい理由

家庭を持つのは男性にとって社会的なステータスにもなりますので、独身時代を謳歌した後は自然と結婚に対しての考え方がまとまってくるでしょう。

婚活時期としてオススメなのは、30代前半。友人の結婚式に招待されることが増え、周囲に家庭を築く人が増えると現実味も増してきます。

「30代になったから、そろそろ結婚の時期」と年齢で判断する人もいますよね。30代前半になると男性の年収は安定し、結婚資金のめどがつきやすくなる傾向があります。

20代ではまだ社会的な基盤も整っていませんので、経済的にも精神的にも結婚は考えられないという人が多いでしょう。

30代前半はまだ若さもあり、恋愛も楽しめる年齢。体力もあり結婚にあらゆる期待を抱く時期なので、婚活も前向きにスタートできます。

 

収入や仕事が安定したら婚活

男性は女性のように、妊娠や出産を婚活の目安にする必要はありません。もちろん子育てはお金も体力も必要なので、年齢が若いほうが男性にとって楽になることは色々とあるでしょう。

逆に女性から結婚相手を選ぶ際ですが、ルックスや年齢よりも年収や仕事が安定しているほうが、結婚相手として人気が高くなります。

どのような人が好まれるか、男性と女性では婚活市場の条件が違うのです。生涯を共にする相手は、頼れる人がよいというのが女性の共通点。

ただ結婚したい気持ちが強いだけでなく、将来の家庭像が見えやすい状態が婚活のタイミングになりますね。

 

まずは気軽に婚活イベントに参加してみよう

婚活はいつからするべき?タイミングがわからない人が知っておくべきポイント婚活は色々な方法や手段がありますので、本格的に始める前に気軽に参加できるお見合いパーティーを選ぶのもオススメです。

結婚したい気持ちがあるなら、いずれは婚活を意識しなければなりませんので、少しでも早く婚活市場の現状を知るためにも参加してみましょう。

 

まずは恋活のつもりで参加

婚活はいつからするべきか、適切なタイミングに決まりはありません。しかしどの人にも共通していえるのは、一日でも早いほうが成功率は高くなる点。

婚活といっても単発のイベントもありますので、恋活するつもりで参加することも方法です。結婚を意識した出会いがあっても、すぐにゴールインする必要はありません。

じっくりと将来を計画して、同じゴールに向かって進める人との出会いが大切なのです。

 

焦らず婚活する

結婚適齢期を気にする人は、少しでも早く結婚相手を見つけたいと思うでしょう。しかし結婚に焦りを感じている人は、婚活イベントでも人気が出にくいはず。精神的に結婚に対して余裕がある時期に、婚活を始めるようにするのがコツです。

 

まとめ

婚活はいつからするべきか決まりはありませんので、結婚を意識するようになったら婚活をスタートさせるチャンスです。

幸せな家庭を築くには相手をよく知り、信頼関係を築くために婚活に時間はかかるかもしれません。友人夫婦の姿を見て「いいな」と感じたら、いよいよ自分の番になるでしょう。

page top